刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おかげさまで、ナイフカテゴリーの商品完売しました。
早く新作を出そうと思っていたのですが、またまた包丁のほうが大忙しで作業が進まず、とりあえず3本完成しましたのでご紹介します。

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。





1本目はブレード長約115mmの小型ナイフです。

ブレードはシャープなデザインで、アウトドアや日常的にもあると大変便利なサイズです。
白紙1号本割込みですので、切れ味・刃持ちは抜群です。

ハンドルは水牛の角と鹿の角のW角の組み合わせです。
水牛角の綺麗な模様と、鹿の角の天然の模様が大変綺麗で、握り心地も抜群です。
さらに特殊コーティングを何度も重ねておりますので、大変綺麗な艶があり、耐水性・強度に優れています。






2本目はブレード長約142mmのナイフになります。

ブレードは少し細めで細かい作業にも適しています。
解体作業から、細かい作業まで幅広く使用できます。
こちらも白紙1号本割込みです。

ハンドルは上物のボコテを使用。
表と裏が全く違う杢目で、両側楽しめます。
さらに銃床油仕上げで、品のある控えめな艶が高級感を引き立てています。






最後3本目はブレード長約149mmのナイフになります。

ブレードはシンプルな形状で、解体作業から細かい作業まで幅広く使用できます。
1本あると何かと便利なサイズです。

ハンドルはシンプルにココボロのみを使用。
濃い赤茶に黒のラインが大変綺麗で高級感があります。
さらに銃床油仕上げで品のある控えめな艶が高級感を引き立てています。


最後に新作3本全ての写真を載せておきます。


同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

メールをお送りさせて頂きましたが、
見てもらえたのでしょうか?

2015/09/11 22:01 | 磯貝

すみません。
今全部のメール確認しましたが届いていないようです。
お手数ですがdai.knves@gmail.comへ再度メールいただけると幸いです。
それではよろしくお願い致します。

2015/09/11 22:49 | 西田刃物工房

たった今、メール送信しました。
ご確認してもらえれば幸いです。

2015/09/12 19:21 | 磯貝

磯貝様。
すみません!知らない名前のメールで、内容もよくわからなかったので迷惑メールだと思い削除してしまいました・・・
よろしければ、苗字の方と、お問い合わせ内容を明記されて再度メール送っていただけると間違えないと思います。
よろしくお願いいたします。

2015/09/12 21:38 | 西田刃物工房

おはようございます。

先ほどメール送信させて頂きました。
よろしくお願いします。

2015/09/13 09:27 | 磯貝

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック