刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


新作青紙スーパー本割込みのナイフと、特別なコラボ包丁の試作品に、大きめの片刃の捌き出刃の3本が完成しましたので紹介させていただきます。

 

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約155mmの青紙スーパー鋼本割込みのナイフです。

 

ブレードはご高評いただいております青紙スーパー本割込みで、切れ味・刃持ちは抜群です。

切っ先は細く、細かい作業に適しています。

 

ハンドルはシャム柿のみを使用。

折角の青紙スーパー鋼本割込みなので実用しやすいシンプルなハンドルにしてあります。

仕上げは特殊コーティングを何度も重ねておりますので、大変綺麗な艶があり、耐水性・強度に優れています。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目は1月の展示会に一緒に出展していただく、同じ南関町の肥後象嵌職人、松永淳子さんとコラボ試作品として製作しました150mmの舟行包丁です。

 

刃は、白紙1号本割込みで、いつもの舟行包丁と同じですが、平の部分に銅で桜を入れていただきました。

この花びらは、一般的な象眼とは違って、包丁に花びらの形を貫通させて、その中に銅を埋め込んであります。

文章ではお伝えにくいのですが、花びらの形の穴は、微妙ですが中心を狭く、外側を広くしてあり外れる心配はないです。

銅の花びらは反対側まで入っていますので、両面同じ模様で、表面を研いでもなくなることもありません。

 

仕上げは普通の磨き鏡面仕上げにすると花びらが光の反射で見えにくくなるので、細かいヘアライン仕上げです。

普通の磨きより何倍も仕上げに時間がかかりました(^^;)

 

柄は黒合板+紫檀になります。

丈夫で見た目もいいです。

 

僕も松永さんも初の試みなので、とりあえず試作品ということで販売致します。(この先の価格はまだ未定です)

 

松永さんとのコラボ作品で完成している展示会用の作品は今のところ1本だけですが、展示会までにはもう少し増やす予定です。

 

 

こちらの作品が金銀を贅沢にあしらった正真正銘の肥後象嵌です。

展示会に持っていきます(^^)※こちらの切り出しは商品ではございません。

 

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

最後は刃渡り約210mmの片刃の捌き出刃包丁になります。

 

刃は、青紙2号沸かし付け本鍛造で切れ味は両刃以上です。(右利き用)

厚みが5.5mmと普通の出刃包丁よりも薄身で、強度は劣りますが、その分切れ味は抜群です。

 

柄はうちの定番包丁と同じ桜(ロー引き)になります。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック