刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最近は小ぶりのナイフばかり製作していましたので、今回少し大きめの中型ナイフを2本完成させました。

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

1本目はブレード長約170mmのナイフです。

 

ブレードは白紙1号本割り込みで、切れ味・刃持ちは抜群です。

幅広で厚みもあるのでガンガン使用できます。

 

ハンドルは最高級木材アイアンウッドのさらに希少な瘤部分と、シャム柿の組み合わせです。

どちらもかなり強度のある木材で、杢目も大変綺麗です。

今回はちょっと変わった形状にしてみました。

 

仕上げは蜜蝋ワックス仕上げで、控えめな品のある艶が高級感をさらに引き立てています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約190mmのナイフになります。

 

こちらもブレードは白紙1号本割り込みです。

片側ブレード根元にほんの僅かに鍛接痕が残っていますが、実用には全く問題ないです。よく見ないとわからず、研いでいけば消える程度ですが、気持ちお安く販売します。

 

ハンドルはサティーネのみを使用。

手磨きで丁寧に磨いてありますので、非常に握り心地がよくしっとりとした肌触りです。

仕上げはこちらも蜜蝋ワックス仕上げです。

 

 

>販売ページはこちらです。

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック