刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今日はちょっと申し上げにくい投稿になりますが、早めにお伝えしておかないといけないと思いましたので、書いておきます。

 

 

材料や燃料がどんどん値上げしていく中、これまで包丁の定番品(薄刃系)は独立当時の価格から500円だけの値上げで何とか耐えていました。

これも、途中で弟子が入ってきて、2人で製作ができるようになってある程度数も作れていたからです。

 

ですが、弟子もいつかは独立します。

 

もううちにきて7年を超え、腕もかなりついてきました。歳も29となり、これから先のことも考えるともうそろそろ独立しないとこのままズルズルうちにいても意味がありませんし、親御さんも心配しているはずです。

 

という事で、まだ確定はしていないのですが、年内独立を目標に色々進めさせています。

 

 

弟子が独立すれば生産量は単純に2分の1になるわけではありません。もっと下がります。

そうなると今の価格では到底やっていけません。

 

複合材を使えば楽勝です。今の価格より下げても薄利多売でどうにでもなります。

 

 

ただ、これまで何度となく言ってきた通り、僕は複合材を使うくらいなら鍛冶屋をやめます。

 

 

値上げして売れなくなったらそれはそれでそのレベルの物しか作れなかったという事なので、自分の腕を高めるしかないです。

 

 

それこそが職人の世界。

楽して儲かる職業ではありません。

だけど、そこが職人の魅力です。

 

 

これまでの西田刃物工房の包丁は、無名の熊本の鍛冶屋を世に広めるためのいわば「お試し」段階。

お試しに10年は長いですし、お試し品として手を抜いたこともないです。

「お試し」という言葉も今思いついたことです。

 

ただ、そういう風に思っていただけると幸いです。

 

 

これから西田刃物工房は全てが大きく変わります。

 

変わる部分は追い追いお知らせしていきますが、とりあえず今確定していること・・・

 

 

 

それは、定番の包丁を全て一新します!

 

 

見た目もこれまでと同じで価格だけ上げるのも心苦しいですし、見た目どこにでもある和包丁は素人目には本鍛造だろうと複合材だろうと見分けがつきません。

 

なので、作品を見ただけで「西田刃物の包丁だ」とわかる包丁にしようと思います。

 

 

 

ということで、現在の定番品は在庫が少なくなってきても追加製作しておりません。

まだ新しい定番商品は決まっていませんが、早めに決めて徐々に新定番品を作りだめしていこうと思っています。

 

それまでは、現在の定番品で行くわけですが、追加製作していないので、在庫切れの状況が続くかと思います。

その際は受注生産という形で1週間ほどお待ちいただくことになると思います。

 

ご迷惑をおかけするとこになりますが、ご注文される際はお時間に余裕をもってご注文いただけると助かります。

 

 

長くなりましたので、今回はこの辺でやめておきます。

これから考えが固まり次第ご報告していこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

お話しされている意味はよく分かります。
これから先の新しい作品も楽しみにしています!
お身体を壊さないように、今後もがんばって下さい!!

2019/03/16 07:27 | kumagorou

コメントありがとうございます!
こだわりに関しては人それぞれ違うとは思いますが、僕の場合は親方から引き継いだこの本割込みと沸付けを重視しています。
素人目には全くわからないこだわりではありますが、少しでも多くの方に違いを知っていただけるよう頑張っていきたいと思います。

2019/03/16 11:01 | 西田刃物工房

管理者の承認待ちコメントです。

2019/06/01 19:22 | -

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック